FC2ブログ

【アンカーポート】投資ビジネス  実況中継

噂の投資ビジネス【アンカーポート】で稼ぎまくっている元キャリアウーマンのママです。ねずみ講?マルチ?違法?詐欺?等色々な疑問点を解かり易く、また自分の実績とともにご紹介していきたいと思います!

アンカーポートビジネス登録日 2006年 3月 2日

3月15日   7万 5,500円 入金済

3月22日   11万 2,000円  入金済

3月29日   15万 6,250円 入金済
  
4月5日    18万 2,500円 入金済

4月12日   25万 6,750円 入金済


凄いです本当に凄いです!
でも、凄いは、私なんか少ない収入だってこと!!!

皆さん、まだまだアンカーポートはこれからです!
さぁ、迷わず急いで参加しましょう♪
私が、手取り足取りサポート致します!!!\(^o^)/

あなたの1ヶ月後の収入は、きっと想像を絶する収入に
なっているでしょう♪

⇒ 資料請求 & お問合せ
アンカーポートってねずみ講ではないの? 

ねずみ講は違法です。
MLM(マルチレベルマーケティング=マルチ商法)は合法です。

え? ねずみ講と、MLMの違いって???

一般に「ねずみ講」や「マルチ商法」と呼ばれているもので、問題となるものは、どういうものなのか?日本の現法律に照らし合わせて説明していきます。

注意しなければいけないことは、マルチ商法=違法ではない、ということです。



--------------------------------------------------------------------------------


1.ねずみ講


◆ねずみ講の定義

まずは、違法行為である「ねずみ講」の定義の結論から。

法的用語による定義ではなく、法律に詳しい方がお読みになった場合は
多少の誤解もあるかと思いますが、わかりやすく定義をすると
以下の全てに当てはまれば、そのビジネスは「ねずみ講」と見なして
問題ないです。
これは非合法的な活動です。注意しましょう。

商品の販売を目的にしていない銭の配当だけを目的としている。

・組織はねずみ算的に拡大してゆくシステム

・上の順位の人が、下の順位の人より儲かるようなシステム

・商品と称するものがあっても、紙切れ一枚であったり、
実際に日常生活の役に立つとは、常識的には考えられないものを
流通させている。(商品とは言えないものを流通させている。)

上記にあてはまらないビジネス、例えば商品は立派なものを流通
させている場合は、「ねずみ講」ではなく、マルチ商法である可能性があります。これは違法なものと合法なものがありますのでさらに注意が必要です。


ねずみ講とマルチ商法の違い

ねずみ講=商品の販売を目的としていない





●ねずみ講を取り締まる法律は?・・・・・「無限連鎖講の防止に関する法律」
ちょっと難しいかもしれませんが、重要なことばかりです。ぜひ全部読んでください。

無限連鎖講とは?

1.目的の条文は以下です。
これは、無限連鎖講を防止するための法律であることがわかります。


「第一条 この法律は、無限連鎖講が、終局において破たんすべき性質のものであるのにかかわらず、いたずらに関係者の射幸心をあおり、加入者の相当部分の者に経済的な損失を与えるに至ることにかんがみ、これを関与する行為を禁止するとともに、その防止に関する調査および啓蒙活動について規定を設けることにより、無限連鎖講がもらたす社会的な害悪を防止することを目的とする。」



2.「無限連鎖講」の定義が以下です。
何かの商品を流通させるなどの、販売活動をせずに、お金だけを下の組織から流れるようにシステムを提供している金銭配当組織が「無限連鎖講」です。

第二条 この法律において「無限連鎖講」とは、一定の金銭を支出する加入者が無限に増加するものであるとして、先に加入した者が先順位者、以下これに連鎖して段階的に2以上の倍率をもって増加する後続の加入者が、それぞれの段階に応じた後順位者となり、順次、先順位者が後順位者の支出する金銭から自己の支出した額を上回る額の金銭を受領することを内容とする金銭配当組織を言う。」


3.上記のように定義があっても、ねずみ講(無限連鎖講)と、マルチ商法が混同されている現実があり、その違いを「マルチ商法との違いは?」で述べます。


簡単に言うと、ねずみ講とは、商品(商材)流通がなく、お金儲け目的のためにネズミ算式に組織がピラピット形に拡大していくもの。

※言うまでもなく、アンカーポートはねずみ講ではありません。
アンカーポートビジネスは、MLM型投資ビジネスです。MLMの仕組みを取り入れた投資ビジネスです。

商品はオフショアファンドです。

オフショアファンド会社が募集方法をネットワークビジネスにしただけ
の事なので、アンカーポートのプランは破綻するものに該当しないというわけです。

また、最初から7万口座限定と参加人数の上限を宣言していますので、

ねずみ講の「無限に加入者が増加する」という定説は成り立っていませ
ん。
アンカーポート投資ビジネスは、MLM方式を盛り込んだ、まったく新しく且つ斬新な投資ビジネスです。MLM わが国では? 

アメリカの大学ではこのMLMが流通論として講義され、
それを勉強する学生も多のです。

一方日本では、このMLMの仕組みを悪用する人間が後を絶たなかったため、
「マルチ商法」という言葉は、悪徳商法の代名詞になっています。

このように、わが国では「マルチ(まがい)商法」という用語は多義的に使われているものの、通常、悪徳商法、若しくは違法商法というニュアンスで使用され、理解されており、

アムウェイのビジネスを「マルチ(まがい)商法」と呼ぶことは、同社の名誉を毀損する行為であると東京地方裁判所は認定し、さらに同社のビジネスを「マルチ(まがい)商法」と呼ぶことは、真実ではないという司法的判断が行われました。

これにより、今後、マスコミ等で、ネットワークビジネスが「マルチ(まがい)商法」と呼ばれることが大幅に減少してきました。

マルチ商法=MLM(マルチレベルマーケティング)

MLMは違法ではありません。
「悪徳マルチ商法」は違法です。

日本での最初のMLMは、おかずやご飯などを詰める時に用いる、誰でも知っている、あの『タッパー』です。

ミキプルーンのミキ商事や、化粧品で有名なノエビア、山之内製薬の子会社である日本シャクリーからはエイボン・・・
これらを「マルチ」と呼ぶ人はあまりいません。

が、このMLM手法を取り入れた悪徳業者の増加とともに、「マルチレベルマーケティング手法」⇒略して「マルチ」⇒ダーティなイメージになっていったのでしょう。

MLM(マルチレベルマーケティング) とは


特にアメリカで盛んに行われているビジネスの方法で、
消費者が営業の役割を兼ねる販売システムである。

直接または通信媒体を通して商品の消費を薦める。
洗剤等を扱うアムウェイは有名。

クリントン米大統領もネットワークビジネスの価値を認め ている。

ネットワークビジネス≒MLM会社の商品を月々一定額以上 購入する会員になると、他の人に商品の購入、または入会を 斡旋でき、消費量におうじて会社から報酬が支払われる。

会員は被紹介者が更に紹介をするのでネットワークが作られ、上の地位の者は下位の多くの会員から利益を得られるようになる。

報酬プランは改良が進められ会員が利益を得やすくなってきつつ
ある。
 
顧客獲得手段としてのMLMはイメージがねずみ講と似ているが、
ビジネスとして一般的になる要素が少なくはない。
 
20歳未満または学生の方は参加できないものが多い。

登録日 2006年 3月 2日

3月15日   7万 5,500円 入金済

3月22日   11万 2,000円  入金済

3月29日   15万 6,250円 入金済
  
4月5日    18万 2,500円 入金済

4月12日   25万 6,750円 入金済


凄いです本当に凄いです!
でも、凄いは、私なんか少ない収入だってこと!!!

皆さん、まだまだアンカーポートはこれからです!
さぁ、迷わず急いで参加しましょう♪
私が、手取り足取りサポート致します!!!\(^o^)/

あなたの1ヶ月後の収入は、きっと想像を絶する収入に
なっているでしょう♪